分娩費用も、クレジットカードで後払いができます

最近では、経済的な理由から、
子どもを持つことに、不安をかかえている人が多くなっています。

出産の費用は、健康保険から一時金として、35万円程度返ってはきますが、
子供が誕生してから、もらえるものなので、
とりあえずは、出産費用を支払わなければなりません。

また、出産にかかった費用だけ、一時金として返ってくるので、
そのほかにかかった、健診費用や出産準備費などは、
やはり、自己負担になっています。

もし、できるのならば、一時金をもらってから、
出産費用を支払いたいものですよね。
出費にかかる金額は同じでも、
やはり、後から支払えるほうが、経済的に助かるものです。

それが可能なのが、クレジットカードで支払うという方法です。

最近では、産婦人科でも、クレジットカードが利用できるようになっています。

「はっぴーママカード」というカードをご存知でしょうか。
このカードが使える病院で出産して、
出産費用をカード払いにした場合、
返済が翌々月になるのです。

つまり、カードの支払いの請求が来るころには、
保険から一時金を受け取っているので、
自己負担が少なくて澄むというわけです。

そして、このカードを普通に使うだけで、
利用金額の0.5%が「おぎゃー献金」に寄付されます。
おぎゃー献金というのは、心と身体に障害をもつ子供たちに手を差し伸べようという
思いやりの運動です。
あなたがた家族の幸せを、心身障害児にも分けてあげてくださいね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

出産費用って、どれくらいかかるのかな
妊娠中にお腹の赤ちゃんのことを思いながら、 名前を考えたり、服を選んだりしている......
出産一時金について
妊娠・出産費用は全額自己負担!! そこで頼りになるのが出産育児一時金なんですが、......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。