ひどい腰痛ではありませんか?

妊娠中におこる腰痛のほとんどは、
出産と同時に治るものです。

けれども、ときには、出産後も続くこともあるようなのです。

原因は様々。

出産によって筋肉が緩んでしまったことが原因だったり、
新生児とはいえ、3kg前後の赤ちゃんを長時間抱くことによって、
姿勢のゆがみが生じたことが腰痛の原因となったりするようです。

こららが原因の場合は、産褥体操などで
少しずつ筋力をつけたり、
姿勢を正しくすることを意識することで
改善が見られます。

ただ、気をつけなければならない腰痛が、
「恥骨結合の分離」です。

妊娠中にホルモンの影響を受けて骨盤が緩み、
出産時に、赤ちゃんが通り抜けるという大きな負荷がかかることによって、
骨盤の、恥骨結合部分に異変が起こることを「恥骨結合の分離」といいます。
診断としては、病院にて超音波検査で判明します。

ひどいときには、ベッドから降りられないほどの痛みになるので
たいしたことないと、自分で決め付けず、
早めに医師に相談してくださいね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠中の腰痛は....
妊娠すると同時に、腰痛に悩まされたという人も多いと思います。 おなかが重くて、ど......
腰痛でお困りの方に
妊娠して、腰痛がひどくて困っているという人も多いでしょう。 最近では、お腹を優し......
腰痛の予防のために
妊娠中はよく、腰痛になるものです。 出産後もまた、いろいろな原因で 腰痛になりや......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。