妊娠中の体重管理って大変なの?

妊娠中の体重管理は、非常に重要です。

まずは、妊娠中の食生活について。

塩分の取りすぎには注意しましょう。
1日10g以下を心がけましょう。
塩分を取りすぎると、ムクミや高血圧、
タンパク尿の原因になります。

それから、カロリーを摂り過ぎないように気をつけてくださいね。
体重の増えすぎは妊娠中毒や難産の原因になってしまいます。
胎盤、羊水を合わせて6~8kg程度です。それ以外の体重増加は、
すべてママの皮下脂肪になっていますよ。

赤ちゃんの分まで、と、二人分食べる必要はないのです。

標準体重の人の場合で6~8kgの体重増加が理想です
。ただし、むやみな減食や食事を抜いたりすることは避けましょうね。
栄養をバランスよく、1日30品目の食品を摂ることを目標にしましょう。
(こちらのサイトもわかりやすいです⇒妊婦の体重管理)

コーヒーも妊娠中に飲みすぎるのは禁物です。
毎日飲んでいる人は、少しのむ回数を減らしたり、薄めて飲みましょう。
コーヒーの飲みすぎは、低体重児の原因になったり、
赤ちゃんの動きが鈍くなったりします。

X線検査や投薬も、妊娠初期はとくに赤ちゃんに影響があるので、
どうしても必要な時は医師に相談しましょう。

マタニティエアロビクスやヨガ・体操・スイミングなど、
適度に体を動かすと、体重が増えすぎるのを抑えられるし、気分転換にもなるでしょう。

歩きやすく転びにくい靴を選び、ウォーキングもオススメです。
運動をかねて、部屋の掃除や、四つんばい姿勢での雑巾がけも、
妊婦さんにはオススメな運動です。

ただでさえ、子宮が大きくなったことで血管が圧迫され、
血圧が高くなりがちなのに、ジーンズや下着などでお腹を締め付けると、
さらに血圧が上がる危険性があります。
ゆったりとした服装を心がけましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊婦さんも運動して、体力づくりを!
妊娠中は、大事にしなくてはと思い込みすぎて、 家でじっとしてばかりいると、 体力......
運動不足なママには...
妊娠中は、どうしても、運動不足になりがちです。 大事にしなくてはと思いが強いほど......
ヨガをしたみんなからのアンケート結果!!
マタニティヨガが、気になるけど、 やっぱり、お腹の赤ちゃんに影響がないのか心配と......
運動ですね、やっぱり。
妊娠中の体重管理って、なかなか難しいですよね。 赤ちゃんのためにも、バランスのよ......
マタニティスイミングも.....
マタニティスイミングは、興味があるけど、 ほんとに大丈夫なの? って、思ってませ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。