先天性心疾患の原因とは


今では、医学の進歩が目覚しく、
何らかの障害を持って生まれてしまった赤ちゃんの命も、
かなり救えるようになってきています。

新生児の100人~125人に1人という、
決して少なくない割合で、先天性心疾患の赤ちゃんが誕生しています。
これは、生まれながらに心臓の構造になんらかの異常、奇形が
あると診断された心臓病です。

の原因については、残念ながら、
まだはっきりとわかっていません。
ただ、親が先天性心疾患であったり、
すでに兄弟の誰かが先天性心疾患である場合、
先天性心疾患の赤ちゃんが誕生する確率がぐんと上がっていることが、
統計上、わかっています。

こういうことから、遺伝的な原因があるのではないかと考えられています。

他にも有力に考えられている原因が
風疹などのウィルス感染症、X線、ある種の抗生物質などの一部の薬です。

そして、先天性心疾患になる時期にも、注目されています。
それは、妊娠2ヶ月頃までです。
それ以後は、どのような条件によっても、発生することはないと断言されています。

妊娠初期のこの時期を、いかに慎重に過ごすかで、
この先天性心疾患は防げるともいえます。
日頃から、薬などには、注意して、すごしていたいものですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠中毒症ってなに?
「妊娠中毒症」というものを聞いたことがあるでしょうか。 「中毒症」とは言っても、......
妊娠中の出血!!早期剥離の心配も
妊娠中、もし出血したら、医師や助産師に連絡しましょう。 妊娠中の出血の原因で、最......
下腹部の痛みは....
妊娠中の出血の原因に、子宮外妊娠があると述べましたが、 ここでは、その、子宮外妊......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。