タバコはどれくらいお腹の赤ちゃんに影響するのか....

昔と比べ、若い女性の喫煙者が増えてきています。
喫煙は、胎児や赤ちゃんにとって、健康上、発育上の大問題です。

妊娠中の喫煙だけでなく、近くで誰かがタバコを吸っているという間接喫煙でさえ、
胎児には苦しみを与えています。

タバコを吸うと、ママの血管がギュッと収縮し、血中酸素濃度が急激に低下します。
それにより、赤ちゃんにも血液や酸素が十分に届かなくなってしまうのです。
それにより、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患にかかりやすくなります。

タバコのニコチン、タール、一酸化炭素は、お腹の赤ちゃんにとって
猛毒です。

タバコには、数十種類近くの発がん性物質が含まれています。
それを胎盤を通して、赤ちゃんに送っていると考えると、
やっぱり、怖いですよね。

一酸化炭素は、赤血球中のヘモグロビンと結びついて、
酸素を運搬する働きを妨害するので、
赤ちゃんの体が、酸欠状態になっているのです。

ママがたばこを吸っていると、赤ちゃんに栄養がうまく届かないので、
低出生体重児が生まれたり、
早産のほか、出血、破水の異常 、前置胎盤、常位胎盤早期剥離、周産期死亡など
いろいろな妊娠・出産の異常や新生児異常が、高い確率で起こりやすくなります。

出産後も、タバコは、母乳から、その成分が流れ出てしまいます。
しかも、母乳に分泌されるニコチンの濃度は、母親の血液中の濃度より高くなるので、
お腹の中にいるときよりも、影響は大きくなります。

1日20本以上喫煙する母親の母乳を飲んだ新生児が、
いらいらしたり、よく眠らない、下痢、嘔吐、頻脈など、
ニコチン中毒の症状がみられることも報告されています。

女性の喫煙は、妊娠・出産・育児にも大きく影響してしまうので、
出来る限り控える事が望ましいと思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

どのくらいの人が、妊娠をきっかけに禁煙するのか
妊娠中は、タバコはすわないほうがいいということは、 多くの人が知っていることでし......
妊娠中、パパのタバコの影響は....
妊娠中は、タバコはすわないほうがいいものです。 では、ママはタバコはすわなくても......
喫煙してしまうママにオススメなのが
妊娠したのだけど、どうしてもタバコがやめられないってこともありますよね。 そうい......
どうしてもタバコがやめられないのなら
世界中で使われており、使った人の約70%が禁煙に成功したと言われ 最短で3週間で......
どうしてもタバコがやめられないのなら
世界中で使われており、使った人の約70%が禁煙に成功したと言われ 最短で3週間で......
電子タバコって....
最近、よく耳にする、「電子タバコ」。 これも、禁煙につなげることができるといわれ......
妊娠中のお酒って....
お酒が大好き、という人も多いでしょうか。 妊娠中は、ママが飲んだお酒が胎盤を通......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。