薬ってどこまで、赤ちゃんに影響するの??

妊娠中は、薬は絶対だめって思っている方もいるのではないでしょうか。

実はそんなこともないのです。
確かに、100%大丈夫だと言い切れるものではありませんが、
指定の服用方法に従っていれば、赤ちゃんに影響することはまずありません。

現在売られている市販の薬は、催奇形性について調べることが義務付けられていて、
実験や臨床試験を繰り返し、
副作用よりも効能のほうが高いと判断され、安全なものが市場に出ているのです。

ただ、そういった薬の歴史は浅いので、
東洋医学や漢方などと比較すると、
「今までの統計の結果は安全」といえるに過ぎないのですが。。。。

自己判断せず、体調がが悪く薬がほしいときは、
無理をせずに、早めに医師に相談しましょう。

特に、薬が、胎児に最も影響しやすい時期は、
妊娠4週~10週までの間です。
それ以降は、薬の影響を受けにくくなります。

持病があり、常に薬を飲まなくてはならない場合は、
妊娠中に飲んでもいい薬であるか、
必ず医師に相談してください。

薬を飲んでから心配したり、赤ちゃんに影響があってから後悔することになる前に、
普段から、薬の服用には気を配っておくと安心ですね。

漢方薬や健康食品などの場合も、
妊娠中に飲んではいけない成分が含まれている可能性もありますので、
くれぐれも自己判断はやめましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠中の薬って...
妊娠中に薬を服用するのは、 お腹の赤ちゃんに影響があることが多いので 自分の判......
のんでるその薬、安全ですか?
便利になった世の中。 最近では、薬の情報が検索できるサイトもあるんですね。 製品......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。