妊娠線の予防のために.....

「妊娠線」って、よく耳にしますね。

予防ができるものなのでしょうか。

さて、ではまず、
妊娠線ができるしくみを知っておきましょう。

妊娠線は、お腹が急激におおきくなるスピードに皮膚がついていけず、
亀裂が生じてしまうことでできます。
一度できてしまうと、多少薄くなったりはしますが、
消えることはありません。

では、予防するためには、体重管理をして、
急に体重が増加しないようにすることが一番です。

妊娠中の体重増加のは、8kg未満にしたいですね。

体重のことばかり気にしすぎず、
しっかり栄養バランスのことも考えてくださいね。

妊娠線の予防のためのもう一つの方法が、
妊娠線対策のクリームです。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れて、肌がカサカサになりがちです。
クリームなどで、常にしっとりと潤おいを保ち、
皮膚が伸びやすい状態をキープすることが大切です。

市販されている妊娠線予防のクリームは、
皮膚表層の保湿機能を強化しただけのものです。
特別なものは入っていません。
クリームに頼りすぎず、体重管理や栄養バランスの取れた食事などで、
妊娠線を予防しましょうね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊婦のベストな食事とは.....
赤ちゃんは、ママの食事を胎盤を通してすべて栄養をもらっています。 そのため、栄養......
便秘を解消しましょう
妊娠中は便秘になりやすいものです。 妊娠する前は、便秘になることのなかった人でも......
妊娠とハーブ
妊娠中や、母乳育児中は、薬の服用に気を使いますよね。 そこで、ハーブなどの、体に......
でも、やっぱりハーブは、女性の体に優しいのです。
女性にオススメのハーブをご紹介しておきます。 まず、 生理痛には、ラベンダーやサ......
妊娠中のコーヒー・カフェインの影響
妊娠してから、コーヒーを飲むのに抵抗を感じたりしていますか? お腹の赤ちゃんに、......
乳児湿疹、どうしよう!!
乳児湿疹がたくさん出て、心配だっていうママ、いるでしょうか。 原因ははっきりわか......
妊娠中に酵素力を高めましょう
糖尿病、高血圧などの生活習慣病にならないために 予防をするするには、「酵素」を上......
貧血が心配ならば...
妊娠すると、貧血によくなります。 血液検査で指摘されて、貧血の薬を処方された経験......
塩分注意です
妊娠中毒症の危険性があるので、 妊娠したら、塩分を控えましょうね。 ダシを上手に......
カルシウム不足で、虫歯に???
妊娠すると、お腹の赤ちゃんの骨を作るために、 多くのカルシウムが必要になってきま......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。