下腹部の痛みは....

妊娠中の出血の原因に、子宮外妊娠があると述べましたが、
ここでは、その、子宮外妊娠について詳しく説明します。

子宮外妊娠とは、文字のとおりで、
子宮ではない場所に受精卵が着床してしまうことです。

妊娠した人の中の1%にみられ、一度なると再びなりやすいといわれています。

妊娠初期のころに突然、下腹部に激痛があることで
子宮外妊娠がわかることが多いです。
ママは、妊娠に気付いていないこともよくあります。

受精卵がママの体の卵管部分で、胎盤がはがれ、流産していたり、
受精卵が大きくなりすぎて、ママの卵管部分が破裂したりしてしまうと、
吐き気、めまい、貧血などの症状が出て、ママの命にも関わります。

子宮外妊娠の治療は、手術を行うのが、一般的です。

下腹部が痛くて、受信した場合、
妊娠したと思っていなくても、子宮外妊娠の可能性もあるわけですから、
知識として知っておくと安心ですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠中毒症ってなに?
「妊娠中毒症」というものを聞いたことがあるでしょうか。 「中毒症」とは言っても、......
妊娠中の出血!!早期剥離の心配も
妊娠中、もし出血したら、医師や助産師に連絡しましょう。 妊娠中の出血の原因で、最......
先天性心疾患の原因とは
今では、医学の進歩が目覚しく、 何らかの障害を持って生まれてしまった赤ちゃんの......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。