無痛分娩って、痛くない?

赤ちゃんを産む、出産というものは、とても痛いというイメージですよね。
その痛みに、耐えられるのかしら、と、心配している人も多いでしょう。

実際に妊娠していても、出産に対するイメージがわかなかったり、
「怖い」「痛い」と思い込みすぎていたりすると、
出産時にパニックを起こしてしまう可能性もあります。

パニックに陥ると、うまく呼吸ができなくなり、
赤ちゃんに十分酸素が届かなくなり、母子ともに危険な状態になることも考えられます。

そういう危険性を少なくしようという考えから、
無痛分娩という方法があります。

「無痛」とは言いますが、本当に痛みがないわけではなく、
麻酔を使って、痛みを和らげているというほうが
適した言い方でしょう。

麻酔を使ってはいますが、出産の感覚や、「いきむ」必要性もあります。
ママは、あまり体力を使うことなく、笑顔で陣痛の痛みを感じ、
赤ちゃんの誕生時も冷静でいられます。

ただし、やはり、麻酔を使用しているわけですから、
自然分娩とは違って、陣痛促進剤を使用することになったり、
膣内に器具を入れて、子宮口を強制的に広げることもあります。
また、人工的に出産を起こすことになるので、
手術のように「この日に出産しましょう」と、計画的に出産が決められます。

赤ちゃんの誕生には欠かせない破水も、
自然分娩なら赤ちゃん自身が頭で割って、破水が起こるのですが、
無痛分娩の場合は、
はさみを入れて、強制的に破水を行います。

妊娠の健診の際、内診が苦手という人もいるでしょうが、
膣内にいろいろな器具が入るということも、無痛分娩を選択する上で
考えに入れなければならないことでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩は、安全なのかな?
赤ちゃん誕生という、感動的な出産ですが、 やはり、リスクはどうしてもあります。 ......
ラマーズ法、ヒッヒッフーの意味
出産には、実はいろいろな方法があるのをご存知でしょうか。 ソフロロジー、水中分娩......
高齢出産って危険なの?
高齢出産というのは、女性が35歳以上で、初めて子どもを出産することを言います。 ......
逆子って、危険なの?
妊娠中に、逆子だと診断された人は、多いと思います。 でも、出産するまでに、逆子が......
帝王切開になる具体例
帝王切開とは、自然分娩をすると、母子ともに危険だと判断され、 子宮を切開して、出......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。