無痛分娩は、安全なのかな?

赤ちゃん誕生という、感動的な出産ですが、
やはり、リスクはどうしてもあります。

「出産は怖いから、無痛分娩を希望したい」と、思っている人もいるかもしれませんのが、
陣痛の痛みを和らげ、スムーズに出産できる、無痛分娩にも、
やはり、リスクは存在します。

まず、痛みを和らげるための、麻酔そのものが危険ということです。

具体的に言うと、麻酔を注入するのは、硬膜外腔といって、腰の脊髄の近くです。
このときに、誤って硬膜内に麻酔液やカテーテル(麻酔用のチューブ)が
入ってしまう危険性があります。
この場合、ショック症状を引き起こしたり、
最悪の場合は呼吸停止に陥ってしまい、命の危険が伴います。

他にも、麻酔を打ったことによって血圧が変動(低下)してしまったり、
急激に気分が悪くなり、嘔吐することもあります。

麻酔の種類や使用する量によっては、
子宮の収縮力や腹圧まで弱まってしまい、
赤ちゃんを押し出すママの力がなくなるので、
陣痛促進剤という薬を使う割合も高くなってきます。

赤ちゃんを押し出すママの力が弱いため、
器具を膣内に入れて、赤ちゃんを引っ張り出すという方法をとる場合もあります。
安全に設計されてはいますが、
金属でできた器具なので、傷が付いたり痛みがある場合もあるでしょう。

また、十分に消毒がしてあるでしょうから、あまり例は見られませんが、
麻酔チューブを体内に挿入する際に、挿入部から感染してしまう危険性もひそんでいます。

また、挿入部に血腫ができてしまう可能性もあります。
脊髄のすぐそばですから、その血腫が神経を刺激してしびれの症状が出たりします。

このように無痛分娩は決して楽な出産方法ではなく、
リスクも伴うことをしっかりと理解しておかなければなりません。

無痛分娩を希望する妊婦さんは、主治医としっかりと相談し、自分でも勉強しておく必要があると思いますよ。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩って、痛くない?
赤ちゃんを産む、出産というものは、とても痛いというイメージですよね。 その痛みに......
ラマーズ法、ヒッヒッフーの意味
出産には、実はいろいろな方法があるのをご存知でしょうか。 ソフロロジー、水中分娩......
高齢出産って危険なの?
高齢出産というのは、女性が35歳以上で、初めて子どもを出産することを言います。 ......
逆子って、危険なの?
妊娠中に、逆子だと診断された人は、多いと思います。 でも、出産するまでに、逆子が......
帝王切開になる具体例
帝王切開とは、自然分娩をすると、母子ともに危険だと判断され、 子宮を切開して、出......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。