出産一時金について

妊娠・出産費用は全額自己負担!!

そこで頼りになるのが出産育児一時金なんですが、出産育児一時金とはなんでしょうか?

妊娠・出産は病気ではないということで、健康保険が使えません。
しかし、まとまった支出となる出産費用の一部をまかなってくれるのが、「出産育児一時金」です。
ただし、異常出産の時は健康保険が適用されるで、どちらからも給付を受けることができます。

健康保険に加入していて保険料をきちんと払っている人なら、子供1人につき42万円が受け取れます。

「一人につき」なので、双子なら2倍、三つ子なら3倍ということになります。

妊娠12週以上であれば、死産や流産という結果になってしまっても、出産一時金は支給されます。

手続き完了後、その場で現金でもらえる場合もあるようですが、ほとんどの場合は、2週間から2ヶ月後くらいで、指定の口座に振込まれます。
もらい忘れた!!という場合は、出産の2年以内なら請求できますが、2年を1日でも過ぎてしまっていたらもらえませんので、請求はお早めに。

出産一時金の付加給付の場合は、働いている本人か、その扶養家族かによっても健康保険組合の付加給付金額が変わるようなので、事前にチェックしておきたいですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

出産費用って、どれくらいかかるのかな
妊娠中にお腹の赤ちゃんのことを思いながら、 名前を考えたり、服を選んだりしている......
分娩費用も、クレジットカードで後払いができます
最近では、経済的な理由から、 子どもを持つことに、不安をかかえている人が多くなっ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

助産院流!妊娠・出産・育児のコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kodomohoken.z-a-k-i.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。